kaori
16歳からヒップホップを始め、のちにクラッシックバレエ、ジャズ、モダン、コンテンポラリーなど様々なダンスを習得。
京都でプロダンサーの研究生を経て、芸術舞踊団のカンパニーメンバーに選ばれ、2000年フランス招待公演に参加。
退団後、ソロとして活動し2003年 京都に自身のスタジオSTUDIO DANCE ALIVEを設立。ダンサーとしてはTEDx Tokyo ,国際交流基金主催事業「DANCE DANCE ASIA」にてベトナム、カンボジア、ラオスに日本人ダンサーとして出演など数々のシーンにて活躍する。

現在は振付家として活動。オリジナリティ溢れるテーマ性のある作品を主に制作する。
2014年には日本一の振付師としてcompetition優勝(Legend TOKYO 4th champion)。
またこの年よりミュージカルの振付を経験し、初めてのミュージカルの振付で年間での振付賞を受賞。
日本を問わず海外でもcompetitionなどでの受賞経験は豊富である。
文部科学省主催 スポーツ・文化・ワールド・フォーラム 公式プログラムや中国国慶節、
CMはauの三太郎シリーズ,MVは三代目JSBなど幅広い振付を得意とする。